毒舌王子と幽霊?

某ネタ師のご要望にお答えして「あの夜の出来事」を語りましょう。気分屋です。
ROは結局(ぁ 継続してます。
2ndアカウントでちまちまとねw
なーんかねー。。。忙しいしね~。







【 恐怖体験 】

私は中学生の頃、よく金縛りにあっていました。
あれが脳内処理なのかどうかいまだにわかりませんが【見える】こともしばしば・・・
おかげさまでいまだに夜、電気消して寝るのが苦手だったりするのですが、あの手のことには強くなりましたね。
最初の頃は金縛り後は怖くて寝れなかったのですが、ちょうど慣れて「まぁ、別に死ぬわけじゃねーし」と思い始めた頃事件は起こりました。
ハッと目を覚ますといつもどおり?の金縛りです。
体が動かないのはいつものことです。私にしてみればもう【慣れた】ことですので、「ほっときゃそのうち解けるだろ」くらいの感覚。
でした・・・
そう、その夜の金縛りはちょっと違ったのです。
文章で書くのは難しいのですが、頭の方に引っ張られるような感覚。
抵抗しないと【連れて行かれる】感じがしたのです。
金縛り状態ですので、抵抗してもなにも変わらないのですが、なんかこう【魂を持ってかれる】感じがしたのですよ。
必死な抵抗の中、目を開いた私が見たものは


眼球のない爺さん∑( ゚Д゚)!!


眼球がないというより目の奥は【闇】が拡がってましたょ・・・
ボロボロの黒い服を着て私の首を絞めています。
私の記憶はそこで途切れました。
朝起きたら生きていたのでとりあえず今があるわけですが、アレが【夢】なのか【現実】なのかはいまだに謎です・・・
[PR]

  by pure-silver | 2006-08-03 14:27 | 毒舌王子の章

<< こういう日もある。 もう >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE